タイトル
ロッテントマト

イケメンで人気者の兄とは対照的で,自分はイケてないと嘆く17歳ネイディーン。
人生の支えだった親友がある日突然兄と恋に落ちた?その大事件をきっかけに,
ネイディーンは今までの自分からの脱皮をせまられる...。

映画批評No.1サイトロッテントマトでフレッシュ95%という
数値を叩きだした『スウィート17モンスター(原題:The Edge of Seventeen)』。
いつもは辛辣な批評家たちがこぞって、“あの頃”のリアルな痛さを思い出して悶絶してしまう、
めったに出会えない宝物のような青春映画だと大絶賛した。
思春期を経験した誰もが,大人へと変貌を遂げる‟あの頃“に感じる痛みや居心地の悪さを,
胸の奥底で思い出と共に隠し持っている。
初恋の苦しさや友情に亀裂が入った時の悲しみ,自己愛と自己否定に揺れる心と不釣り合いな
身体や環境の変化へのとまどい。それは時代が変わり,コミュニケーション手段が進化しても変わらない。

イントロダクション

ゴーストワールド』よりリアルで,
『JUNO/ジュノ』より心に迫り,
『リトル・ミス・サンシャイン』より感動的な,
21世紀を代表する愛おしい青春こじらせ映画が誕生した!


主人公のネイディーン役は『トゥルー・グリッド』で14歳のときにオスカーにノミネートされ,歌手としても人気のヘイリー・スタンインフェルド。自己中心的なのにどこか憎めない等身大の17歳像を演じ,ゴールデングローブ賞主演女優賞にノミネート。
監督は,ウェス・アンダーソンやキャメロン・クロウの才能を発掘した名プロデューサー,ジェームズ・L・ブルックス(『恋愛小説家』,『ザ・エージェント』他多数)に抜擢されたケリー・フレモン・クレイグ。自身の脚本を初監督し,権威あるNY映画批評家協会賞第一回作品賞を受賞した他,全米監督協会(DGA)初監督賞にノミネートされるなど新たな才能の登場と注目を集め,賞レース4受賞18部門ノミネートの快挙を達成。
教師役には個性派俳優ウディ・ハレルソン,母親役に『クローザー』のキーラ・セジウィック,兄ダリアン役に『glee/グリー』シリーズのブレイク・ジェナーが,主人公に寄り添い彼女を見守る「大人になりきれない大人」たちを見事に演じている。親、兄妹、友人、そして‟あの頃の自分”目線で共感する人も多いはず。

天才歌手

親友が兄と恋をした?
友情、家族、人生―。自分ひとりだけが空回り?


主人公のネイディーン(ヘイリー・スタインフェルド)は17歳。キスもまだ経験なしの,イケてない毎日。恋に恋する妄想だけがいつも空まわりして,教師のブルーナー(ウッディ・ハレルソン)や,母親(キーラ・セジウィック)を困らせてばかり。たったひとりの親友クリスタ(ヘイリー・ルー・リチャードソン)だけが,自分のすべてだと思っていたのに,何をしてもかなわないとコンプレックスを抱いていた天敵の兄ダリアン(ブレイク・ジェナー)と親友クリスタが恋に落ちてしまう。

この衝撃的事件により,ネイディーンは父が他界して以来ずっと取り乱しがちな母や,何故かシンパシーを感じる変わり者の教師ブルーナー,自分とは正反対のイケメンで誰からも愛される兄ダリアンなど,自分を取り巻く人々へ新たな視点と気持ちを向けざるをえなくなる。人生は,彼女が思う以上に複雑で,誰もが何かをこじらせながら大人になっているのだ...。

受賞左
受賞右
フォト1
フォト2
フォト3
フォト4
フォト5
フォト6
サントラジャケット

1:Who I Thought You Were by Santigold
2:Ballroom Blitz by The Struts
3:Am I Wrong by Anderson .Paak feat. ScHoolboy Q
4:Bad Decisions by Two Door Cinema Club
5:Psycho [Explicit] by A$AP Ferg
6:Save Me by Aimee Mann
7:Genghis Khan by Mike Snow
8:Don't You Wait by Cloves
9:The Dickhead Song by Miles Betterman
10:Somebody Else [Explicit] by The 1975

11:When They Fight They Fight by Generationals
12:Hard Luck by Black Pistol Fire
13:When I'm Small by Phantogram
14:Big Jet Plane by Angus & Julia Stone
15:To Build a Home by Cinematic Orchestra
16:Sky on Fire (Eo17 Remix) by Handsome Poets
17:Ghost in the Wind by Birdy
18:Nadine's Theme by Atli Örvarsson
19:The Hug by Atli Örvarsson

※amazonでのご購入はこちら(輸入盤)=


Compilation(P)2016 STX Recordings,LLC.,under exclusive license to Sony Music Entertainment

ヘイリー

ヘイリー・スタインフェルド
/ネイディーン


1996年12月11日アメリカ・カリフォルニア州生まれ。14歳のとき,15000人を超える女優の中から選ばれ出演した『トゥルー・グリット』でアカデミー賞助演女優賞,俳優組合賞助演女優賞,英国アカデミー賞主演女優賞にノミネートされ,放送映画批評家協会賞の若手俳優賞やシカゴ映画批評家協会賞,トロント映画批評家協会賞,バンクーバー映画批評家協会賞で助演女優賞を受賞。鮮烈なデビューでクロエ・グレース・モレッツ,エル・ファニングと並んで次世代スター女優の座に躍り出る。『ピッチ・パーフェクト2』ではアカペラチーム“バーデン・ベラーズ”の一員となり,演技のみならず確かな歌唱力で注目される。アカデミー賞にノミネートされたジブリアニメ『思い出のマーニー』では全米公開時の声優も務めた。また女性アパレルブランドMiu Miu の2011年秋のキャンペーンモデルを務め,2013年タイムズ誌が選ぶ“最も影響力のある16人のティーン”の一人に,2013年4月のシネマコンでは“明日の女性スター”に,2013年6月にはマックス・マーラによる“フェイス・オブ・ザ・フューチャー”に選ばれている。
さらに音楽アーティストとしてもめざましい活躍を見せ,ファースト・シングル“ラブ・マイセルフ”は米・ビルボード・ソングチャート30位にランクイン,最新シングル(Starving)は14位にランクインしている。

主な出演作…『ピッチ・パーフェクト2』(15),『ベアリー・リーサル』(15),『ラストミッション』(14),『はじまりのうた』(13),『エンダーのゲーム』(13),『トゥルー・グリット』(10) など


母親

キーラ・セジウィック
/モナ(母親)


1965年8月19日アメリカ・ニューヨーク州生まれ。
夫は俳優のケヴィン・ベーコン。7年間出演した海外ドラマ『クローザー』のブレンダ・リー・ジョンソン役では2007年ゴールデングローブ賞テレビドラマ部門で主演女優賞を受賞,2010年にエミー賞主演女優賞受賞(4回ノミネート)。7回の全米映画俳優組合賞ノミネート,2009年ピープルズ・チョイス・アワードにもノミネートされた。舞台ではニコラス・ハイトナーの『十二夜』やロサンゼルス・ドラマ批評家賞とドラマ・リーグ・アワードを受賞したデヴィッド・マメットの『オレアナ』などに出演。製作中の映画”Story of a Girl”で悲願の監督デビューを果たす。

主な出演作…『COP CAR/コップ・カー』(15),『ポゼッション』(12),『崖っぷちの男』(11),『GAMER』(09),『バイバイ、ママ』(04),『ウォルター少年と、夏の休日』(03),『フェノミナン』(96),『愛に迷った時』(95),『告発』(95),『7月4日に生まれて』(89) など

教師

ウディ・ハレルソン
/ミスター・ブルーナー(教師)


1961年7月23日アメリカ・テキサス州生まれ。
強烈なカリスマ性を備え演技で観客を魅了し,メジャー作品からアートハウス作品まで多岐に渡り活躍する唯一無二の個性派俳優。海外ドラマ「チアーズ」のバーテンダー“ウッディ・ボイド”役で注目されエミー賞を受賞,8年間で4回ノミネートされたことがきっかけで映画・テレビで活躍。『メッセンジャー』で戦死した兵士の遺族へその死を伝える任務を負う“メッセンジャー”役でアカデミー賞®助演男優賞にノミネート,『ラリー・フリント』で論争を呼んだ雑誌編集者ラリー・フリントを演じてアカデミー賞®,ゴールデングローブ賞,全米映画俳優組合賞の主演男優賞にノミネートされた。テレビ業界での活躍もめざましく,マシュー・マコノヒー共演の主演ドラマ『TRUE DETECTIVE/二人の刑事』(監督:キャリー・ジョージ・フクナガ)ではエミー賞・全米映画俳優組合賞の主演男優賞・ゴールデングローブ賞ミニシリーズ部門の主演男優賞にノミネート,『ゲーム・チェンジ 大統領選を駆け抜けた女』(監督:ジェイ・ローチ)で演じたスティーヴ・シュミット役にてエミー賞,全米映画俳優組合賞、ゴールデングローブ賞にノミネートされた。現在,『猿の惑星』のシリーズ3作目『 War for the Planet of the Apes 』(監督:マット・リーヴス),リンドン・ベインズ・ジョンソン第36代アメリカ合衆国大統領を演じる『LBJ』(監督:ロブ・ライナー)などの公開を控える。

主な出演作…『グランド・イリュージョン』シリーズ(13,16),『ハンガー・ゲーム』シリーズ(12-15),『ファーナス/訣別の朝』(13),『セブン・サイコパス』(12),『ゾンビランド』(09),『俺たちダンクシューター』(08),『ノーカントリー』

友達

ヘイリー・ルー・リチャードソン/クリスタ(親友)

1995年3月7日アメリカ・アリゾナ州生まれ。16歳でハリウッドデビューし,干害による滅亡寸前の舞台にしたスリラー『ラスト・サバイバーズ』で初主演。ジェームズ・マカヴォイ共演の『スプリット』(M・ナイト・シャマラン監督)の公開を控える。

主な出演作…『スプリット 』(17),「LAW & ORDER:性犯罪特捜班」シーズン16(NBC/14~15),『ラスト・サバイバーズ (未/14),『テキサス・ダウン 』(12),「シェキラ!」(Dlife/10-13) など

兄

ブレイク・ジェナー
/ダリアン(兄)


1992年8月27日アメリカ・フロリダ州生まれ。難関のオーディションで勝ち残り,海外ドラマ「glee/グリー」シーズン4以降ライダー・リン役で出演し,歌って踊れる人気俳優となる。ブレイク後は『エブリバディ・ウォンツ・サム!!世界はボクらの手の中に』(監督:リチャード・リンクレイター)の主演に抜擢。エル・ファニング共演の”Sidney Hall”(監督:ショーン・クリステンセン)の公開を控える。

主な出演作…『エブリバディ・ウォンツ・サム!!世界はボクらの手の中に』(16),「SUPERGIRL/スーパーガール」シーズン1(CBS,CW/15-16),「Glee プロジェクト 〜主役は君だ!」シーズン2(FOX/12) など

カルチャー少年

ヘイデン・ゼトー
/アーウィン(クラスメイト)


1985年9月11日カナダ・バンクーバー生まれ。カナダと香港の市民権を持ち,マンダリン語,広東語を話す。祖父のケイ・ゼトーは中国で有名な芸術家。『スウィート17モンスター』でメジャー映画デビュー。ウォルマート,アディダス,ナイキ,コカ・コーラ,ホンダ,マイクロソフトの広告やテレビ作品に出演している。

主な出演作…「アメリカズ・モスト・ウォンテッド」(FOX/88),「デイズ・オブ・アワ・ライブス」(NBC/65-) など

ケリー・フレモン・クレイグ(監督・脚本)

1981年,アメリカ・カリフォルニア州ウィッテアで生まれ,カリフォルニア大学アーバイン校でスケッチ・コメディ(短編)や詩を学ぶ。製作会社Immortal Entertainmentの映画部門でインターンをした際に初めて映画の脚本を読み,執筆を始めた。『恋する履歴書』 (未/09)で脚本家デビュー,本作『スウィート17モンスター』で監督デビューとなる。

ジェームズ・L・ブルックス(プロデューサー)

1940年5月9日アメリカ・ニュージャージー州生まれ。ニューヨーク大学中退後,CBSニュース入社し,“The Marry Tyler Moore Show”の演出をつとめエミー賞を獲得した。1979年に『結婚ゲーム』で脚本家・プロデューサーデビュー。1983年に脚本・プロデュース・監督を務めた『愛と追憶の日々』はアカデミー賞®作品賞,監督賞,脚色賞,主演女優賞,助演男優賞を受賞,1987年の『ブロードキャスト・ニュース』はニューヨーク・ドラマティック・クリティックス・アワードの最優秀作品賞と最優秀脚本賞を受賞した。1996年,ウェス・アンダーソン監督の商業映画デビュー作となる『アンソニーのハッピー・モーテル』を製作総指揮し,キャメロン・クロウ監督のヒット作『ザ・エージェント』を製作。1997年に脚本・製作・監督を務めた『恋愛小説家』はアカデミー賞作品賞を含む7部門にノミネートされ,ジャック・ニコルソンとヘレン・ハントがそれぞれ主演男優賞と主演女優賞を受賞した。2007年のアニメ映画『ザ・シンプソンズ MOVE』の脚本と製作,2010年『幸せのはじまりは』の脚本と製作も手がけた。

top写真

こじらせたまま大人になった
全ての人に捧ぐー
愛すべき21世紀の青春映画の傑作誕生!

イケメンで人気者の兄とは対照的で,自分はイケてないと嘆く17歳ネイディーン。 人生の支えだった親友がある日突然兄と恋に落ちた?その大事件をきっかけに,ネイディーンは今までの自分からの脱皮をせまられる...。

映画批評No.1サイトロッテントマトでフレッシュ95%という数値を叩きだした『スウィート17モンスター(原題:The Edge of Seventeen)』。いつもは辛辣な批評家たちがこぞって、“あの頃”のリアルな痛さを思い出して悶絶してしまう,めったに出会えない宝物のような青春映画だと大絶賛した。

思春期を経験した誰もが,大人へと変貌を遂げる‟あの頃“に感じる痛みや居心地の悪さを,胸の奥底で思い出と共に隠し持っている。初恋の苦しさや友情に亀裂が入った時の悲しみ,自己愛と自己否定に揺れる心と不釣り合いな身体や環境の変化へのとまどい。それは時代が変わり,コミュニケーション手段が進化しても変わらない。

spイントロイメージ

INTRODUCTION

ゴーストワールド』よりリアルで,
『JUNO/ジュノ』より心に迫り,
『リトル・ミス・サンシャイン』より
感動的な,21世紀を代表する
愛おしい青春こじらせ映画が誕生した!

主人公のネイディーン役は『トゥルー・グリッド』で14歳のときにオスカーにノミネートされ,歌手としても人気のヘイリー・スタンインフェルド。
自己中心的なのにどこか憎めない等身大の17歳像を演じ,ゴールデングローブ賞主演女優賞にノミネート。

監督は,ウェス・アンダーソンやキャメロン・クロウの才能を発掘した名プロデューサー,ジェームズ・L・ブルックス(『恋愛小説家』,『ザ・エージェント』他多数)に抜擢されたケリー・フレモン・クレイグ。自身の脚本を初監督し,権威あるNY映画批評家協会賞第一回作品賞を受賞した他,全米監督協会(DGA)初監督賞にノミネートされるなど新たな才能の登場と注目を集め,賞レース4受賞18部門ノミネートの快挙を達成。

教師役には個性派俳優ウディ・ハレルソン,母親役に『クローザー』のキーラ・セジウィック,兄ダリアン役に『glee/グリー』シリーズのブレイク・ジェナーが,主人公に寄り添い彼女を見守る「大人になりきれない大人」たちを見事に演じている。親,兄妹,友人,そして‟あの頃の自分”目線で共感する人も多いはず。

spイントロ2
天才女優
spストーリー

STORY

親友が兄と恋をした?
友情、家族、人生―。自分ひとりだけが空回り?

主人公のネイディーン(ヘイリー・スタインフェルド)は17歳。キスもまだ経験なしの,イケてない毎日。恋に恋する妄想だけがいつも空まわりして,教師のブルーナー(ウッディ・ハレルソン)や,母親(キーラ・セジウィック)を困らせてばかり。

たったひとりの親友クリスタ(ヘイリー・ルー・リチャードソン)だけが,自分のすべてだと思っていたのに,何をしてもかなわないとコンプレックスを抱いていた天敵の兄ダリアン(ブレイク・ジェナー)と親友クリスタが恋に落ちてしまう。

この衝撃的事件により,ネイディーンは父が他界して以来ずっと取り乱しがちな母や,何故かシンパシーを感じる変わり者の教師ブルーナー,自分とは正反対のイケメンで誰からも愛される兄ダリアンなど,自分を取り巻く人々へ新たな視点と気持ちを向けざるをえなくなる。
人生は,彼女が思う以上に複雑で,誰もが何かをこじらせながら大人になっているのだ...。

受賞歴

AWARDS

処女監督作品にして4賞受賞、
18ノミネートの快挙!

トロント国際映画祭

クロージング上映作品

ゴールデングローブ賞

作品賞(コメディ/ミュージカル部門)
ノミネート
主演女優賞(ヘイリー・スタインフェルド)
ノミネート

ニューヨーク映画批評家協会賞

第一回作品賞受賞
(ケリー・フレモン・クレイグ監督)

ブロードキャスト映画批評家協会賞

コメディ映画作品賞ノミネート
コメディ映画女優賞(ヘイリー・スタインフェルド)
ノミネート

シカゴ映画批評家協会賞

有望監督賞(ケリー・フレモン・クレイグ監督)
ノミネート

ラスヴェガス映画批評家協会賞

ブレイクアウト映画人賞
(ケリー・フレモン・クレイグ監督)
ノミネート
若手俳優賞(ヘイリー・スタインフェルド)
ノミネート

ワシントンD.C.映画批評家協会賞

若手俳優賞(ヘイリー・スタインフェルド)
ノミネート

デトロイト映画批評家協会賞

作品賞ノミネート
ブレイクスル―賞受賞
(ケリー・フレモン・クレイグ監督・脚本)

フロリダ映画批評家協会賞

第一回作品賞受賞
(ケリー・フレモン・クレイグ監督)

オースティン映画批評家協会賞

第一回作品賞(ケリー・フレモン・クレイグ監督・脚本)ノミネート

セントラルオハイオ映画批評家協会賞

主演女優賞(ヘイリー・スタインフェルド)
ノミネート

見過ごされた映画賞ノミネート

フェニックス・オンライン
映画批評家協会賞

コメディ映画賞ノミネート

女性映画批評家協会賞

若手女優賞受賞
(ヘイリー・スタインフェルド)

全米監督協会賞(DGA)

初監督賞ノミネート
(ケリー・フレモン・クレイグ)

フォト1
フォト2
フォト3
フォト4
フォト5
フォト6

SOUNDTRACK

『THE EDGE OF SEVENTEEN』

1:Who I Thought You Were by Santigold
2:Ballroom Blitz by The Struts
3:Am I Wrong by Anderson .Paak feat. ScHoolboy Q
4:Bad Decisions by Two Door Cinema Club
5:Psycho [Explicit] by A$AP Ferg
6:Save Me by Aimee Mann
7:Genghis Khan by Mike Snow
8:Don't You Wait by Cloves
9:The Dickhead Song by Miles Betterman
10:Somebody Else [Explicit] by The 1975
11:When They Fight They Fight by Generationals
12:Hard Luck by Black Pistol Fire
13:When I'm Small by Phantogram
14:Big Jet Plane by Angus & Julia Stone
15:To Build a Home by Cinematic Orchestra
16:Sky on Fire (Eo17 Remix) by Handsome Poets
17:Ghost in the Wind by Birdy
18:Nadine's Theme by Atli Örvarsson
19:The Hug by Atli Örvarsson

spサウンドトラック

※amazonでのご購入はこちら
(輸入盤『THE EDGE OF SEVENTEEN』)=
Compilation(P)2016 STX Recordings,LLC.,under exclusive license to Sony Music Entertainment

CAST

ヘイリー

ヘイリー・スタインフェルド
/ネイディーン

1996年12月11日アメリカ・カリフォルニア州生まれ。14歳のとき,15000人を超える女優の中から選ばれ出演した『トゥルー・グリット』でアカデミー賞助演女優賞,俳優組合賞助演女優賞,英国アカデミー賞主演女優賞にノミネートされ,放送映画批評家協会賞の若手俳優賞やシカゴ映画批評家協会賞,トロント映画批評家協会賞,バンクーバー映画批評家協会賞で助演女優賞を受賞。鮮烈なデビューでクロエ・グレース・モレッツ,エル・ファニングと並んで次世代スター女優の座に躍り出る。

『ピッチ・パーフェクト2』ではアカペラチーム“バーデン・ベラーズ”の一員となり,演技のみならず確かな歌唱力で注目される。アカデミー賞にノミネートされたジブリアニメ『思い出のマーニー』では全米公開時の声優も務めた。また女性アパレルブランドMiu Miu の2011年秋のキャンペーンモデルを務め,2013年タイムズ誌が選ぶ“最も影響力のある16人のティーン”の一人に,2013年4月のシネマコンでは“明日の女性スター”に,2013年6月にはマックス・マーラによる“フェイス・オブ・ザ・フューチャー”に選ばれている。

さらに音楽アーティストとしてもめざましい活躍を見せ,ファースト・シングル“ラブ・マイセルフ”は米・ビルボード・ソングチャート30位にランクイン,最新シングル(Starving)は14位にランクインしている。

主な出演作…『ピッチ・パーフェクト2』(15),『ベアリー・リーサル』(15),『ラストミッション』(14),『はじまりのうた』(13),『エンダーのゲーム』(13),『トゥルー・グリット』(10) など


教師

ウディ・ハレルソン
/ミスター・ブルーナー(教師)

1961年7月23日アメリカ・テキサス州生まれ。
強烈なカリスマ性を備え演技で観客を魅了し,メジャー作品からアートハウス作品まで多岐に渡り活躍する唯一無二の個性派俳優。海外ドラマ「チアーズ」のバーテンダー“ウッディ・ボイド”役で注目されエミー賞を受賞,8年間で4回ノミネートされたことがきっかけで映画・テレビで活躍。『メッセンジャー』で戦死した兵士の遺族へその死を伝える任務を負う“メッセンジャー”役でアカデミー賞®助演男優賞にノミネート,『ラリー・フリント』で論争を呼んだ雑誌編集者ラリー・フリントを演じてアカデミー賞®,ゴールデングローブ賞,全米映画俳優組合賞の主演男優賞にノミネートされた。

テレビ業界での活躍もめざましく,マシュー・マコノヒー共演の主演ドラマ『TRUE DETECTIVE/二人の刑事』(監督:キャリー・ジョージ・フクナガ)ではエミー賞・全米映画俳優組合賞の主演男優賞・ゴールデングローブ賞ミニシリーズ部門の主演男優賞にノミネート,『ゲーム・チェンジ 大統領選を駆け抜けた女』(監督:ジェイ・ローチ)で演じたスティーヴ・シュミット役にてエミー賞,全米映画俳優組合賞、ゴールデングローブ賞にノミネートされた。現在,『猿の惑星』のシリーズ3作目『 War for the Planet of the Apes 』(監督:マット・リーヴス),リンドン・ベインズ・ジョンソン第36代アメリカ合衆国大統領を演じる『LBJ』(監督:ロブ・ライナー)などの公開を控える。

主な出演作…『グランド・イリュージョン』シリーズ(13,16),『ハンガー・ゲーム』シリーズ(12-15),『ファーナス/訣別の朝』(13),『セブン・サイコパス』(12),『ゾンビランド』(09),『俺たちダンクシューター』(08),『ノーカントリー』

母

キーラ・セジウィック
/モナ(母親)

1965年8月19日アメリカ・ニューヨーク州生まれ。夫は俳優のケヴィン・ベーコン。
7年間出演した海外ドラマ『クローザー』のブレンダ・リー・ジョンソン役では2007年ゴールデングローブ賞テレビドラマ部門で主演女優賞を受賞,2010年にエミー賞主演女優賞受賞(4回ノミネート)。7回の全米映画俳優組合賞ノミネート,2009年ピープルズ・チョイス・アワードにもノミネートされた。舞台ではニコラス・ハイトナーの『十二夜』やロサンゼルス・ドラマ批評家賞とドラマ・リーグ・アワードを受賞したデヴィッド・マメットの『オレアナ』などに出演。製作中の映画”Story of a Girl”で悲願の監督デビューを果たす。

主な出演作…『COP CAR/コップ・カー』(15),『ポゼッション』(12),『崖っぷちの男』(11),『GAMER』(09),『バイバイ、ママ』(04),『ウォルター少年と、夏の休日』(03),『フェノミナン』(96),『愛に迷った時』(95),『告発』(95),『7月4日に生まれて』(89) など

友人

ヘイリー・ルー・リチャードソン/クリスタ(親友)

1995年3月7日アメリカ・アリゾナ州生まれ。16歳でハリウッドデビューし,干害による滅亡寸前の舞台にしたスリラー『ラスト・サバイバーズ』で初主演。ジェームズ・マカヴォイ共演の『スプリット』(M・ナイト・シャマラン監督)の公開を控える。

主な出演作…『スプリット 』(17),「LAW & ORDER:性犯罪特捜班」シーズン16(NBC/14~15),『ラスト・サバイバーズ (未/14),『テキサス・ダウン 』(12),「シェキラ!」(Dlife/10-13) など

兄

ブレイク・ジェナー
/ダリアン(兄)

1992年8月27日アメリカ・フロリダ州生まれ。難関のオーディションで勝ち残り,海外ドラマ「glee/グリー」シーズン4以降ライダー・リン役で出演し,歌って踊れる人気俳優となる。ブレイク後は『エブリバディ・ウォンツ・サム!!世界はボクらの手の中に』(監督:リチャード・リンクレイター)の主演に抜擢。エル・ファニング共演の”Sidney Hall”(監督:ショーン・クリステンセン)の公開を控える。

主な出演作…『エブリバディ・ウォンツ・サム!!世界はボクらの手の中に』(16),「SUPERGIRL/スーパーガール」シーズン1(CBS,CW/15-16),「Glee プロジェクト 〜主役は君だ!」シーズン2(FOX/12) など

アーウィン

ヘイデン・ゼトー
/アーウィン(クラスメイト)

1985年9月11日カナダ・バンクーバー生まれ。カナダと香港の市民権を持ち,マンダリン語,広東語を話す。祖父のケイ・ゼトーは中国で有名な芸術家。『スウィート17モンスター』でメジャー映画デビュー。ウォルマート,アディダス,ナイキ,コカ・コーラ,ホンダ,マイクロソフトの広告やテレビ作品に出演している。

主な出演作…「アメリカズ・モスト・ウォンテッド」(FOX/88),「デイズ・オブ・アワ・ライブス」(NBC/65-) など

STAFF

ケリー・フレモン・クレイグ(監督・脚本)

1981年,アメリカ・カリフォルニア州ウィッテアで生まれ,カリフォルニア大学アーバイン校でスケッチ・コメディ(短編)や詩を学ぶ。製作会社Immortal Entertainmentの映画部門でインターンをした際に初めて映画の脚本を読み,執筆を始めた。『恋する履歴書』 (未/09)で脚本家デビュー,本作『スウィート17モンスター』で監督デビューとなる。

ジェームズ・L・ブルックス(プロデューサー)

1940年5月9日アメリカ・ニュージャージー州生まれ。ニューヨーク大学中退後,CBSニュース入社し,“The Marry Tyler Moore Show”の演出をつとめエミー賞を獲得した。

1979年に『結婚ゲーム』で脚本家・プロデューサーデビュー。1983年に脚本・プロデュース・監督を務めた『愛と追憶の日々』はアカデミー賞®作品賞,監督賞,脚色賞,主演女優賞,助演男優賞を受賞,1987年の『ブロードキャスト・ニュース』はニューヨーク・ドラマティック・クリティックス・アワードの最優秀作品賞と最優秀脚本賞を受賞した。

1996年,ウェス・アンダーソン監督の商業映画デビュー作となる『アンソニーのハッピー・モーテル』を製作総指揮し,キャメロン・クロウ監督のヒット作『ザ・エージェント』を製作。1997年に脚本・製作・監督を務めた『恋愛小説家』はアカデミー賞作品賞を含む7部門にノミネートされ,ジャック・ニコルソンとヘレン・ハントがそれぞれ主演男優賞と主演女優賞を受賞した。2007年のアニメ映画『ザ・シンプソンズ MOVE』の脚本と製作,2010年『幸せのはじまりは』の脚本と製作も手がけた。

^